大型連休。

DSC_0142.JPG
今年もゴールデンウイークがやって来ました。
毎年恒例の馬事公苑ホースショウは2020年東京五倫の為の改装工事が行われ、御殿場競技場で行われます。
御殿場は遠くない距離ですが、道が混むので行きません。
何処に行っても混んでいるので、近場で楽しみます。


昭和の日。

1492410968664.jpg
昭和天皇の誕生日です。
激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす日。
直き心とは、素直、率直、実直、
心が直く正しいものは、言う事に嘘偽りがない。
いかなる悪事も嘘から始まる、元を正すと嘘を付く習慣から来るそうです。
嘘をついた事などありません。
と言う人は嘘つきです。
昭和天皇は直き心を大切にされていたそうです。
この仔馬、可愛いすぎですね。


チャグチャグ馬コ。

DSC_0154.JPG
チャグチャグ馬コは、農耕馬に感謝する200年以上に及ぶ伝統行事です。
色鮮やかな装束で着飾った馬達が滝沢市鬼越蒼前神社で参拝し、盛岡八幡宮までの約13キロの道のりを行進します。
馬の仕事と言えば?競馬と乗馬位しか想像出来ない日本では行政は馬を活用すると言う発想が乏しく、現実問題として農耕馬を飼育する人は減り、祭りに使う馬の数も年々減り続けているそうです。
馬に草原の再生や農耕での活用と言う新たな仕事を与え、社会の中に馬の活躍の場を広げる活動も少しづつ進んでいるようです。絶えてしまうと復活させるのは難しくなります。
銀ちゃんママに新聞を頂きネタにしました。銀ちゃんママ何時も有難うね。


さよならの力。

DSC_0146.JPG
悲しい時、辛いのは当たり前でそれを乗り越えて人は成長し強く優しくなります。
その感情を誤魔化さないで受け入れて前に進み、同じ経験をしてしまった人の傷みに寄り添えるような人間になりたいです。
今年、元旦に宗高に送った絵馬には、脚が治りますように、と書きました。願いは叶うと信じています。
伊集院静さんの、さよならの力と言う本を読みました。
さようならを力にします。


別れの時。

DSC_0153.JPG
宗高を昨日見送りました。
何時もより念入りにブラシをかけて整え、輸送用のバンテージを着けて。
馬運車に乗せるのが最後の役目です。
何時も通り素直に乗ってくれました。
閉まってしまう馬運車の扉を見ているとムーミンがゆがんで見えなくなりました。
かおりんは、コンタクトが外れたと言っていました。
第二の馬生に幸多かれと願い、ムーミンの乗った馬運車を見送りました。


ホースセラピー。

DSC_0140.JPG
動物の中でも馬は情緒水準が高く、穏やかで人懐っこく従順だと言われています。
馬に乗る事で無意識に運動機能が脳神経を刺激して精神的効果もあると科学的に解明されています。
半身不随の子供が馬に1年乗って歩けるようになったと言う事例もあります。\(◎o◎)/
どんな馬でもセラピー馬になれる訳ではありません。
人を信頼し大人しく物を見ない事や、蹴る噛むなどの癖が無い事。宗高にピッタリの仕事ですね。大きさも丁度良いサイズです。基本的に並歩での仕事ですから体への負担も少ないと思います。ムーミン頑張ってね。


スキップしてます。

DSC_0134.JPG
最近の剣ちゃん、厩舎から出す時の足取りが軽くスキップしてます。
毎日の若草サラダバーが嬉しくて仕方ないようです。
その後引き馬するとやる気無し。
態度や表情で馬の様子が良く分かります。


仲間との時間。

DSC_0130.JPG
馬耳東風と言われていますが、馬は人の心がわかります、最近、何かを感じているのか?じっと目をこらし、見つめて来ます。
今週火曜に福島から迎えが来ます。残された時間を何時も通りリハビリして最後まで大切にします。
昨日は仲間と最後の時間を過ごしました。
名残惜しいですが、会いに行っても良いそうですので、みんなで会いに行けると良いですね。


ドアストッパー。

DSC_0082.JPG
ホームセンターで馬のドアストッパーを発見。
¥3480円。連れて帰るか?迷いましたが、自宅で使うようなドアは無し。馬のグッズがすぐ目について衝動買いする癖がついていますが、使わない物を買うと置場所に困るので止めときました。
でもこれ、可愛いでしょ。


決断。

DSC_0104.JPG
宗高を福島の牧場に送る事にしました。
放牧して脚の調子が良くなったら障がい者乗馬やセラピーなどに使ってもらいます。
今まで沢山の人を背に流鏑馬で活躍し、感動を与えてくれた大切な愛馬です。
これからは、第二の人生で様々な人を癒してくれるでしょう。
物に動じず自分をしっかり持った名馬ですし、見た目も可愛いので誰からも愛されると思います。
彼の為に一生懸命リハビリしたので悔いはありません。
馬の幸せを一番に考えた結果です。
辛いけれど、笑顔で送り出すのが最後のつとめです。ムーミンありがとう。


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
selected entries
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座