天寿。

DSC_0561.JPG
天から与えられた命を可能な限り生き続け、ある定めの日にその命を天に返す。
時期に関わらず早すぎる、遅すぎると言う基準は関係なく、運命であり、可能な限り生き続けると解釈します。
そして、残されたものの心の中で永遠に生き続けます。
季節外れの白いシクラメンが咲きました。


アイスバック。

DSC_0656.JPG
お盆過ぎから急に暑さが振り返して来ました。
湿度が高く熱中症要注意ですね。
優れもの発見!背中に保冷剤を入れて置くアイスバックと言う登山や外仕事などに使う物です。
この上に乗馬用プロテクターを装着するので熱がこもらないように着ているそうです。
みんな色々工夫しているのですね。


走らせすぎない。

DSC_0579.JPG
競走馬は走らせすぎない。
真っ直ぐ速くを許し過ぎると、馬は暴走し脚が壊れてきて疲労から骨折や腫れが出でしまう。
暴走する原因はストレス、人が乗るストレスから逃れたい為に走る、馬なりではなくスピードをコントロールする事が大切だそうです。
放牧地では、骨折するまで走る事はないそうです。
角居勝彦調教師より。


送り火。

DSC_0653.JPG
昨日は送り火でした。
馬頭観音を整えていると、可愛がっていた紫の朝顔が3つ、初めて咲いていました。
無事にあちらに帰るからね、と義経、武蔵、大和が言っているように感じました。
寒暖差が激しいので体調を崩しませんように。御自愛下さいね。


残念な天気。

DSC_0648.JPG
せっかくお盆休みなのに、毎日雨模様。
湿度が高くてジメジメしています。
涼しいのは良いのですが、鬱陶しいですね。
風雅に久々に乗りました。
まだまだ扶助は発展途上ですが、理解力があり楽しみです。
兎に角、2頭供、目に入れても痛くない可愛さです。
お盆休みは風雅と葵に乗って頑張ります。


町田時代祭2017。

DSC_0643.JPG
町田時代祭のポスターが出来ました。
今年は大将の写真です、紫の厚房が綺麗ですね。
町田時代祭は同じ会場で砲術、古武術演武、居合抜刀、流鏑馬が見られます。
町田時代祭まで約2ヶ月となって来ました。
馬も3頭揃い本番を待つばかりです。
光陰矢のごとしですね。


お盆飾り。

DSC_0644.JPG
お盆飾りには一つ一つ意味があります。
水の子は蓮の葉の上にナスやキュウリをみじん切りにした物を供える物で、帰る所のない霊など全ての供養をする為にあるそうです。
ナスの馬やキュウリの馬の餌のように見えますね。
ナスやキュウリの馬は霊の乗り物ですが、面白いのは、車も置いてあった所です。
車好きのご先祖様だったのでしょうか?


迎え火。

DSC_0630.JPG
お盆は死者の霊が家に帰ると言われています。
馬達は馬頭観音に帰ると思います。
昨日は暑さ和らぎ雨模様の稽古でした。
義経、武蔵、大和の見守る中、3頭無事に良い稽古が出来てきました。
馬頭観音から若い馬達を励ましてくれている事でしょう。


ハンドスピナー。

DSC_0594.JPG
最近流行っているオモチャのハンドスピナー。
何故だかみんな持っています?
中心部にベアリングが仕込まれていて、指で弾くと勢い良く回転するだけのものです。
効果は?
暇潰し、集中力アップ。
何が面白いのか?分かりません。


山の日。

DSC_6416.JPG
山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日。
去年の今頃は大和と難関を突破しようと試行錯誤、暗中模索していました。
険しい山登りに悪戦苦闘し、お盆休みはRC湘南に大和を預けて調教して頂いていました。
良い馬でしたが牡馬の本能が抜けず苦労が絶えませんでした。
大和と山を上ろうと誓った
日でした。
毎年、山の日に大和を思い出す事でしょう。
ヤマは一人で天に登ってしまいました。


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座