秋寒。

DSC_0002.JPG
昨日の綾瀬市の最高気温は13度。
10月としては46年振り?の寒さだそうです。
葵は毛が短く皮膚が薄く弱いので、薄い馬着を着せました。
秋を飛び越え冬のような寒さです。
馬着を着せると冬毛が伸びるのを防げます。
季節の変わり目は体調を崩しやすいので、皆様もご自愛下さいね。


秋の長雨。

DSC_0001.JPG
今週は毎日雨予報です。
昨日は走路稽古が出来ず、覆い馬場での稽古でした。
いよいよ、22日町田時代祭です。
天気が心配です。
雨にも負けずに頑張りましょう。


群馬馬事公苑。

DSC_0024.JPG
赤城神社流鏑馬の本番前日は去年から群馬馬事公苑に一泊させて、朝、赤城神社に連れて行きます。
ここの厩舎は2階建てでスロープを上ると約10頭入る馬房があります。
2階建ての厩舎は珍しいですね。
馬事公苑に泊めるには競技会の時のような書類を提出するので面倒ですが、設備が整っているので、安心です。


馬の輸送。

DSC_0081.JPG
馬を競技会などに連れて行くには、馬運車に乗せての輸送が一般的です。
流鏑馬の場合、素人の見物人が馬見たさに集まってしまうので大変危険です。
絶対に近寄らせたり、触らせてはいけません。
乗せる時は、一気に勢いよく。
降ろす時はゆっくり慎重に。
失敗するとトラウマになって嫌がるようになってしまいます。
この作業は神経を使います、人混みで馬が暴れたら?
大人しいなどと保証出来る馬はいません。無事に帰るまで安心は出来ません。


3頭は仲良し。

DSC_0031.JPG
赤城神社流鏑馬では、馬達は一緒に繋ぎます。
離して繋ぐ場所が無いので、馬添えが悪いと困りますが、3頭は仲良く一度も揉めませんでした。
風雅は兄さんに囲まれひとが食べている物が欲しくて、剣宝の口からはみ出た乾草を奪い取ったり、葵の乾草を食べてみたり、人間の幼児のような行動をしていましたが、兄さん達は怒りません。
馬が合って安心して見ていられました。


アクシデント。

DSC_0041.JPG
流鏑馬本番では思いもよらない事が起きます。
想定内ですが、剣宝が落鉄してしまいました。
落鉄は宗高が何度も起こした経験上、常に装蹄用具を持ち歩いています。
アンさんが打ち直して下さいました。アンさんありがとうございました。
アクシデントに対応する事も本番では重要です。
備えあれば憂いなし。です。


71歳の初陣。

DSC_0074.JPG
赤城神社流鏑馬は初陣の登竜門です。
初陣のきづきさん、剣宝が何時もと違う速さに驚いていましたが、無事に初陣致しました。
剣宝は流鏑馬ベテランで安心して乗れる名馬です。
初陣は剣宝と決まっています。
新たな射手の誕生です。


赤城神社流鏑馬2017。

DSC_0068.JPG
赤城神社流鏑馬は晴天の中無事に終了致しました。
優勝は天野氏と葵でした。
葵は初陣なので心配していましたが普段通り、いや普段より良い出来でした。
決勝戦では全的中と言うブッチギリ文句なしの快挙です。
馬場上でも並歩で、出だしも落ち着いていました。
天野氏の馴致のお陰で良い初陣を飾る事ができました。
ありがとうございました。
関係各位の皆様お疲れ様でした。
肩の荷が降りた感じです。
風雅は馴致だけで本番は使いませんでしたが良い馴致でした。


赤城の夜2017。

DSC_0028.JPG
赤城神社流鏑馬の成功を祈願しての大宴会の始まりです。
赤城の夜を征した者が赤城流鏑馬を制すると言われています。
修学旅行のような楽しさです。
流鏑馬隊は酒豪揃いです。
怪我人が出ない事を祈りました。
一番危ないのは己です。
何事も全力で楽しみます。


寒露。

DSC_0016.JPG
いよいよ馬達出陣です。
ニュージーランドで買った薄馬着。
3頭に着せて出掛けます。
タテガミ、尻尾をシャンプーして整え、荷物を準備して、馬の健康手帳を持って群馬県馬事公苑に今日は泊めます。
明日朝、赤城神社へと向かいます。
天気も良好。金木犀が香り、秋ですね。
頑張って来ます。


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座